お弁当持参するようにしています

弁当持参の学生時代について

お弁当持参するようにしています 学生時代のお昼ご飯は給食が一般的ですが、私立中学校や高等学校では弁当持参の学校も少なからず存在していると考えられます。弁当持参になると、弁当箱にも、個性や特徴が出てくると考える方も少なからずいらっしゃると考えます。運動部の男子生徒になると、弁当箱を普通サイズの倍の量にする為、大きな弁当箱や弁当箱を二つ持ってくる生徒も少なからずいると考えられます。食の細い女子生徒になると、手のひらサイズの弁当箱と別にフルーツやお菓子程度で、同じ弁当持参でも、弁当の量や内容に個性や特徴が出てくると考えられます。

学校時代のお昼の弁当になると、給食と違い、弁当の中身が家庭によって違います。学校給食は同じメニューを食べますので、他の人のおかずやご飯など全く気になりませんが、弁当は、飲食店の親の生徒の弁当や料理人の親の生徒の弁当は一般家庭のお弁当と比べ、少なからず美味しそうに思えた方もいらっしゃると考えます。さらに日本人以外の外国人の生徒が存在する学校では、日本との文化や食の違いから、弁当箱は同じだとしても、中身が日本人の家庭料理とは全く異なる、外国の郷土料理が多く弁当に存在することから、興味深く相手のお昼ご飯の中身を見た記憶のある方も少なからずいらっしゃると考えます。

おすすめ

Copyright (C)2017お弁当持参するようにしています.All rights reserved.