お弁当持参するようにしています

塵も積もれば山となる原理で弁当持参をすることで節約できる

お弁当持参するようにしています 毎日のお弁当は持参することで節約になることは言わずとも知られています。人によっては朝の時間が限られてしまい、お昼はコンビニ弁当、いわゆる買い弁になることがあります。特に一人暮らしの人ではこの傾向が強いようです。買い弁は時々なら良いですが、毎日となると経済面での負担がかかってきます。例えば毎日買い弁で500円程使っているとすると、平日だけでも一月で約1万円もかけていることになります。悪い意味での塵も積もれば山となるです。一人暮らしの人は限られたお給料でやりくりしなければならないため、このお弁当代こそ節約するにふさわしいと考えます。

お昼代を節約するにはやはり自分で弁当持参を心がけることが一番です。お弁当は手間のかかったものでなくても十分です。ご飯と少しのおかずだけでも良いです。むしろその方がコンビニ弁当の脂肪分の多いものを食べるよりも健康的です。つまり弁当持参はお財布にも身体にもやさしいということです。また飲み物も持参するとさらに良いです。毎日自動販売機で飲み物を買っていてはお弁当の節約の意味がなくなってしまいます。そのためタンブラーを1つ購入し、その中にお茶などを入れて持参すると節約になります。

おすすめ

Copyright (C)2017お弁当持参するようにしています.All rights reserved.